国内家電メーカーの製品

太陽光発電システムを販売しているメーカーはたくさんありますが、各メーカーの特徴を比較して見ることが、お住まい、ご家庭に合ったシステム選びに役立ちます。

主なメーカー名としては、シャープ、京セラ、三菱電機、東芝、パナソニック、パナソニック、東芝、ソーラーフロンティア、サンテックパワー、カナディアンソーラーがあります。

ここでは、国内家電メーカーの製品の特長をご紹介します。

シャープ

太陽光発電システムの開発に 50 年の歴史があり、実績と信頼のあるメーカーです。世界シェア第三位です。製品名「サンビスタ」の名前は聴いたことのある方も多いのではないでしょうか?CM は吉永小百合さんが出演しています。

1Wあたりの単価が一番安く、パワーコンディショナーが高性能なのが特長です。パワーコンディショナーに昇圧機能付き接続箱が内蔵されているため、昇圧ユニットや接続箱が必要ありません。

パワーコンディショナーを熱がこもりにくく、音も気になりにくい屋外に設置可能なのも特徴です。『まるごと15年保証』によって、10 年を過ぎて寿命を迎えるパワーコンディショナーの維持コストを減らすことができるのも優れています。

京セラ

1993年に、日本初の住宅用太陽光発電システムの販売を開始した信頼のあるメーカーです。日本ではシャープに続く第二の太陽光発電システムメーカーです。

複雑な形の屋根にも対応できる製品バラエティーが特長です。デザイン性が高く外観を美しく見せるだけでなく、より多くの太陽光パネルの設置が可能です。

また社内で一貫生産している品質の高さもメリットで、その他には自然災害保証付きです。(定期点検を4年毎に受ける条件付き)

パナソニック

パナソニックはサンヨーを吸収合併し、サンヨーの技術を取り込んで有数の太陽光発電システムメーカーとなりました。パナソニックの特徴は、HIT 太陽電池(単結晶系ハイブリッド型太陽電池)です。

価格はやや高いものの、高温時でも発電量が落ちない発電効率が良いシステムですので、接地面積が少なくてもカバーできるという、一考の価値はあります。ネックの価格もだんだん下がってきています。

東芝

言わずと知れた日本を代表する家電メーカーですが、太陽光発電に関しては 2010 年から参入してきた後発組です。

そして東芝が選んだのは単結晶シリコンモジュールという高い変換効率が特長の米サンパワー社のパワーモジュールを採用しているところです。

値段はやや高めですが、全体的に太陽光発電システムの値段は下がってきているため、一考の価値はあります。

三菱電機

三菱電機の太陽光発電は変換効率の高いパワーコンディショナーが特長です。また、発電の実発電量が多く、少ないパネルで多くの電力の発電が可能です。価格は平均的です。従来の多結晶のパネルに加えて、新たに単結晶のパネルも発売しています。

2012年10月22日

このページの先頭へ